息子よ。恐れないで。私たちはいつもあなたのそばにいます。

By Uyghur Aid - May 14, 2019

私が東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)の両親と最後に話をしてから、1年7か月が経ちました。いま、私が両親に会いたい気持ちは言葉では言い表せません。100万人以上のウイグル人を捕まえるために中国が建設した強制収容所。そこから釈放された人の証言きっかけに知った「収容所の内外の人々の苦しみ」は私の想像をはるかに超えるものでした。私の愛する人はどうしたら、家に帰れるのか?今も収容所にいるのだろうか?この瞬間も拷問受けているのだろうか?まだ生きているだろうか?私が外国で暮らしているがために拘束されているのではないか?毎日これらの問いを繰り返し、昼も夜も私を苦しめます。私は絶望的に無力で、とても罪悪感を感じています。私は罪悪感を感じながらあらゆる食事を食べ、罪悪感と共に快適なベットで毎日眠ります。ひとりで椅子に座り罪悪感を感じ、自由に道を歩いていても罪悪感を感じます。私の生活のあらゆる側面が罪悪感とトラウマに満ちています。これらすべては私を最大限の愛で育ててくれた私の愛する人を救えないことに自分が無力で価値がないという自己憎悪につながっています。私は、自身を落ち着かせようとしました。しかし、私はポジテイブになる方法や希望を見つけることができず、自分や愛する人々の状況や運命を想って、恐怖を感じています。私の最悪の悪夢はすべて現実になりつつあります。私は最後に恐怖だったことを一つ覚えています。2007年。東トルキスタンで、中国国家治安機関の二人が玄関に現れ、家族の目の前で私を捕まえていきました。理由は、私が新疆ウイグル自治区における仕事面での社会的な不平等についてほんのいくつか書いたブログ記事をネットで投稿したことでした。そして、これを理由に私の両親も兄弟たちも同様に捕まえると言われ、私は怖くて壊れそうになりました。私が実際に中華人民共和国の憲法を引用したことを治安当局は非常に怒っていました。彼らはお尻に火が付いたように椅子から立ち上がり、顔を真っ赤にして怒鳴り、私を指差し、激しく叫びながら「毎日拷問する暗い刑務所に送る」と脅しました。私がどんな犯罪を犯したのか尋ねると、彼らは「私の考え」が重大な犯罪を犯したことなのだと言いました。

そして、彼らが私を逮捕するために爆弾を爆発させるまで待ちませんでした。何の裁判もないまま15年間追いやれば、私の両親も兄弟も悪影響を受けることでしょう。彼らは、私と私の家族の上に暗い絵を描き、私は打ちのめされました。拷問と脅迫は4時間つづき、私が全ての質問に答えても彼らは得たものに満足していないようでした。そして、彼らは文書を差し出し、内容を読まずに署名するよう強制しました。しかし私は、ひと目見た瞬間、その文書の中にウイグル人の名前を見つけました。私は恐らく、罪のない才能ある人に偽の罪を着せるため、署名させられたのだと思いました。私は、数日後に自首するためという条件で、その日の午後に釈放されました。両親はしんぱいそうにドアの前で私を待っていてくれました。恐怖と罪悪感の入り混じった感覚が私を奪い、それがただの悪い夢であることを望みました。そして、私はただ目を覚めますことになるでしょう。しかし、そうではありませんでした。私は何時間も何も話すことができずにいました。両親は私に何が起きていたのかを感じてくれました。そして、しばらくして母が私の目を見て言いました。「息子よ、恐れてないで。私たちはいつもあなたのそばにいます」と。私は最大の安らぎと温かさを感じ、泣き崩れました。全てばバラバラになって11年が経ちました。私たちは知られていることと、知られていないことがあり、恐怖の下に生きています。私が東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)の両親と最後に話をしてから、1年7か月が経ちました。いま、私が両親に会いたい気持ちは言葉では言い表せません。100万人以上のウイグル人を捕まえるために中国が建設した強制収容所。そこから釈放された人の証言きっかけに知った「収容所の内外の人々の苦しみ」は私の想像をはるかに超えるものでした。私の愛する人はどうしたら、家に帰れるのか?今も収容所にいるのだろうか?この瞬間も拷問受けているのだろうか?まだ生きているだろうか?私が外国で暮らしているがために拘束されているのではないか?毎日これらの問いを繰り返し、昼も夜も私を苦しめます。私は絶望的に無力で、とても罪悪感を感じています。私は罪悪感を感じながらあらゆる食事を食べ、罪悪感と共に快適なベットで毎日眠ります。ひとりで椅子に座り罪悪感を感じ、自由に道を歩いていても罪悪感を感じます。私の生活のあらゆる側面が罪悪感とトラウマに満ちています。これらすべては私を最大限の愛で育ててくれた私の愛する人を救えないことに自分が無力で価値がないという自己憎悪につながっています。私は、自身を落ち着かせようとしました。しかし、私はポジテイブになる方法や希望を見つけることができず、自分や愛する人々の状況や運命を想って、恐怖を感じています。私の最悪の悪夢はすべて現実になりつつあります。私は最後に恐怖だったことを一つ覚えています。2007年。東トルキスタンで、中国国家治安機関の二人が玄関に現れ、家族の目の前で私を捕まえていきました。理由は、私が新疆ウイグル自治区における仕事面での社会的な不平等についてほんのいくつか書いたブログ記事をネットで投稿したことでした。そして、これを理由に私の両親も兄弟たちも同様に捕まえると言われ、私は怖くて壊れそうになりました。私が実際に中華人民共和国の憲法を引用したことを治安当局は非常に怒っていました。彼らはお尻に火が付いたように椅子から立ち上がり、顔を真っ赤にして怒鳴り、私を指差し、激しく叫びながら「毎日拷問する暗い刑務所に送る」と脅しました。私がどんな犯罪を犯したのか尋ねると、彼らは「私の考え」が重大な犯罪を犯したことなのだと言いました。

そして、彼らが私を逮捕するために爆弾を爆発させるまで待ちませんでした。何の裁判もないまま15年間追いやれば、私の両親も兄弟も悪影響を受けることでしょう。彼らは、私と私の家族の上に暗い絵を描き、私は打ちのめされました。拷問と脅迫は4時間つづき、私が全ての質問に答えても彼らは得たものに満足していないようでした。そして、彼らは文書を差し出し、内容を読まずに署名するよう強制しました。しかし私は、ひと目見た瞬間、その文書の中にウイグル人の名前を見つけました。私は恐らく、罪のない才能ある人に偽の罪を着せるため、署名させられたのだと思いました。私は、数日後に自首するためという条件で、その日の午後に釈放されました。両親はしんぱいそうにドアの前で私を待っていてくれました。恐怖と罪悪感の入り混じった感覚が私を奪い、それがただの悪い夢であることを望みました。そして、私はただ目を覚めますことになるでしょう。しかし、そうではありませんでした。私は何時間も何も話すことができずにいました。両親は私に何が起きていたのかを感じてくれました。そして、しばらくして母が私の目を見て言いました。「息子よ、恐れてないで。私たちはいつもあなたのそばにいます」と。私は最大の安らぎと温かさを感じ、泣き崩れました。全てばバラバラになって11年が経ちました。私たちは知られていることと、知られていないことがあり、恐怖の下に生きています。